髪が静電気でまとまらない時にオイルは必須?3つの原因と対策とは

髪 静電気

 

乾燥する時期になると気になるのが「静電気」です。

 

静電気は髪が広がってまとまりにくくなるだけでなく、パサつきも感じてしまうので嫌ですよね。

 

なんとかしようと思っても、ケアの仕方によってはなぜか悪化してしまうことも。

 

そんな静電気オイルが有効なのか?3つの原因と正しい対策法をまとめました!

 

 

髪に静電気が起こる原因とは?

 

湿度が低くなっている

髪 乾燥 湿度

 

空気中の湿度が低くなっていると髪も必然的に乾燥しやすくなります。

 

乾燥していると静電気も発生しやすく、髪のダメージも感じられるようになります。

 

毛髪同士の摩擦や衣服の擦れ

髪 静電気 オイル

 

服を脱ごうとした時にバチバチ!と強めの静電気がおきたことがある人は多いかもしれません。

 

ナイロンやポリエステルといった素材の衣服は、髪の毛とこすれることで静電気がおこりやすくなります。

 

また、髪の毛同士が摩擦で擦れたりプラスチックのクシで髪を梳かしたりすることでも髪に電気がたまり、静電気を誘発しやすい状態になるので注意が必要です。

 

髪自体が乾燥していてダメージがある

髪 静電気 傷む

 

髪は本来、内部に一定の水分量を保っています。

 

ですが、ダメージが進行していると水分が不足しパサつきます。

 

髪や頭皮は健康な状態では弱酸性ですがダメージが進行すると髪はアルカリ性に傾き、プラスイオンが多くなります。

 

プラスイオンが多くなることで外気やまわりのマイナスイオンに過剰に反応してしまい静電気がおこるのです。

 

 

静電気を防ぐにはどんなことを気をつければいい?

髪に静電気がおこると見た目が悪いだけでなく、髪表面のキューティクルが反応し、さらにパサつきにつながる悪影響がでます。

 

なので静電気はできる限り予防した方が良いです。具体的な対策例を紹介していきます。

 

加湿器で湿度をコントロールする

前述した通り、空気中の乾燥も静電気の原因になるので、湿度が低い時や空気の乾燥を感じる場合は加湿器で保湿しましょう。

 

髪はもちろん、美肌のためや風邪予防にも効果的です。

 

物理的に静電気が起きにくい状態にする

どうしても、ものによっては服で静電気がおきてしまいやすくなりますよね。

 

重ね着する場合は、服の素材が静電気が起こりにくいものを組み合わせると良いです。(ニット素材のものにはナイロンを合わせるなど)

 

髪が服と擦れないように事前にお団子やアップスタイルにまとめてしまうのも1つの手ですね。

 

そして、髪を梳かす際にはブラシやコームはプラスチックのものよりも、つげ櫛や獣毛でできたものは静電気が発生しにくくおすすめです。

 

髪の潤いを保つ

静電気やパサつきを防ぐには、髪本来の潤いを保つことが最も重要なポイントになります。

 

とは言っても、髪のダメージには様々な原因があります。

 

その中でも特に、髪がアルカリ性に傾きプラスイオンがたまることが静電気の引き金となっています。

 

なのでシャンプーは洗浄成分をアミノ酸などの頭皮や髪に優しいものにするのがおすすめです。

 

トリートメントをつけることで髪の補修や静電気予防にもなるので、トリートメントも必須です。

 

そして、髪が濡れている状態はキューティクルがダメージを受けやすいため、髪は絶対にドライヤーですぐに乾かすようにするのもポイントです。

 

マイナスイオンが出るドライヤーは静電気予防にも良いですよ。

 

 

静電気予防に1番おすすめのアイテムは「ヘアオイル」!

静電気 予防

 

根本的に髪をダメージから守ることはもちろん大切ですが、それでもどうしても静電気がおこりやすい時はありますよね。

 

髪を静電気から手っ取り早く守るには「ヘアオイル」がおすすめです。

 

ヘアオイルには髪の水分や栄養を守ってくれるだけでなく、熱や静電気からも髪を保護してくれる役割があります。

 

オイルと聞くと、ベタつきそうなイメージがあるかもしれません。

 

最近のものは非常にサラサラしていて塗り心地が良く、ツヤがでてスタイリング剤の代わりにもなるようなものも多いですよ!

 

⇒静電気を抑制し髪の毛をサラサラにするオイルの詳細はこちら

 

おすすめのつけるタイミングは【ドライヤー前】と【外出前】です。

 

ドライヤーの前にしっかりタオルドライで濡れた髪の水分をとってから、オイルを全体につけましょう。

 

外出前につける時は1度しっかり手になじませて、毛先からつけていくことでベタつくことなく静電気も抑えられますよ。

 

静電気の予防には日々のケアがとても大切です。

 

お手入れ方法を見直してヘアオイルもぜひ試してみて下さい!パサつきもなくツヤのある髪に近づけるといいですね!