ぺたんこ髪を直す簡単な方法!髪がぺたんこになってしまう理由とは?

 

何もスタイリングやセットをしないと、髪がぺったんこになって貧相

 

 

 

朝起きると髪が潰れた感じになる

 

 

 

 

気がついたら髪がぺたんこになっている

 

直毛タイプで、毛量がそれほど多くない人は、こんな現象に悩みがちかもしれません。

 

こういった髪質だと、しっかりスタイリングしないとのっぺりした感じに見えるだけでなく、ぺちゃっとした髪は顔がでかく見えてしまう可能性もあるから厄介です。

 

この記事では、なぜこのようなぺたんこ髪になってしまうのか?

 

という理由や、誰でもできる髪をふんわりさせる方法などを紹介していきます!

 

 

ぺたんこ髪になる理由って?

髪ぺたんこ

 

ぺたんこにになりやすい髪質

柔らかい髪質で、1本1本が細く直毛だと、どうしてもボリュームが少なく見えてしまいやすいです。

 

もともとそういった髪質の場合もあれば、髪が傷んでしまっていたり、加齢や栄養不足によっても髪がボリュームダウンしてしまっていることがあります。

 

ぺたんこになりやすい生え方

髪の毛は実は各部分によって、毛根(毛穴)の形に違いがあり、髪の生え方が異なります。

 

毛穴に対して直角方向に生えず、根本から横倒れしたような形で生えてくる髪の毛もあるのです。

 

頭は球体状になっているため、つむじまわりやおでこのあたりはそういった生えグセがおこりやすい場所でしょう。

 

特に日本人の頭は、ハチが張っていたり、後頭部にあまり丸みがない絶壁になっていることが多いのが特徴です。

 

そういった頭の形状によっても、髪がぺたんこになりやすいようになっているのです。

 

油分が多い

脂性の頭皮で皮脂の分泌が多いと、そのぶん髪がベタっとしやすくなってしまいます。

 

髪が濡れたまま寝る

髪がまだ濡れている状態で寝ると、頭の重みで髪が潰れた状態で乾きます。

 

すると朝起きた時に不自然に部分的にペタンコになってしまうのです。

 

 

髪がぺたんこになるのを防いでふんわりさせるには?

 

しっかり乾かす

お風呂で髪を洗ったら、まずドライヤーでしっかり乾かすようにしましょう。

 

髪を触った時に少しでもひんやり感があればそれはまだ乾いていない証です。

 

その状態で寝たり、帽子をかぶったりすると髪が潰れてしまいます。

 

乾かす時には、根本が立つように乾かしましょう。

 

根本の毛流れとは逆方向に向かって乾かすと、毛が立ちやすくなるので、ペタンコになりやすい部分の根本はいろいろな方向から乾かしてみるのがポイントです。

 

同様に、朝起きてスタイリングする前に髪がペタンコになっている場合には、1度根本から濡らしてしっかり乾かすようにして下さい。

 

トップや後頭部、前髪はカーラーを巻くとふんわり!

髪がペタンコになりやすいトップや後頭部、前髪には、カーラーを巻くのがおすすめです。

 

ポイントで1?2個、カーラーを根本まで巻くとしっかりブローをしなくてもふんわりとしますよ。

 

カーラーはホットカーラーが良いですが、100均に売っているようなマジックカーラーでもOK!

 

根本からふんわりさせるためには、細すぎず太めのものを選ぶようにしましょう。

 

太めのこてで巻いても良いですが、こてだと根本からボリュームを出すのが難しく、火傷してしまう可能性があるので注意が必要です。

 

その際には、毛先はあまり巻き込まずトップだけ立ち上げるのが、うまくボリュームアップする秘訣ですよ。

 

長い前髪にはダッカールピンでの癖付けでふんわりと!

 

前髪は長いとどうしても分け目のところがペタンコになりやすいものです。

 

そんな時には、ダッカールピンが簡単にスタイリングできて便利ですよ!

 

まず分け目になるところをまたぐようにダッカールピンで髪をはさみます。

 

そのまま少しドライヤーで熱風をあてて時間をおいてからピンを外すと、根本が立ち上がりふんわりとした分け目になるというお手軽なやり方です!

 

その後スプレーで固定すれば完成です。

 

また、トップの分け目はまっすぐに分けるのでなく、コームの先でジグザグと分け目をとるとペタンコになるのを防げますよ。

 

 

外出先で髪がペタンコになったら

結べる長さがあれば、結んでしまったほうがトップにボリュームを出しやすくなります。

 

結んだ後に後頭部のトップの髪を少し引くようにだすとボリュームがでておしゃれな髪型に早変わりしますよ!

 

このように、外出先でどうしてもぺたんこになってしまったら、結んでしまうのが手早くカモフラージュするやり方です。

 

 

ペタンコ髪はスタイリング方法を見直そう

髪がペタンコになってしまうのは髪質や生えグセが関係しているため、根本的に直すのは難しいでしょう。

 

ですが、乾かし方やスタイリング方法を見直してみると、立体感のあるふんわりヘアーにすることができますよ!

 

TOP⇒髪の毛をサラサラにしたい女子が選んだ究極のスプレーとは