元美容師が語る※寝癖直しは水道水で大丈夫!その理由とは?

寝癖

 

毎朝寝癖があってスタイリングに苦労しているという人の中には、寝癖直しウォーターのようなものを使っている人もいるかもしれません。

 

ですが、美容師経験のある私からすれば、寝癖を直すのには水道水で充分です。その理由と、効率的なスタイリング方法を紹介します。

 

 

美容室で寝癖直しを使用しない理由とは

美容院

 

当たり前ではありますが、寝癖直し用のスプレーというのは基本的にどんな美容室でも使用していません。

 

寝癖というのはその言葉の通り、寝ている間についてしまった癖のこと。

 

もともと癖の強い髪質をまっすぐにするのとは違い、寝癖は一時的な癖なのが特徴です。

 

寝癖は、髪の水素結合という現象によっておこります。

 

髪は水で濡らすと柔らかくなりますが、乾かすことで形状が固まる性質があります。ヘアアイロンで髪をまっすぐにするのも、この水素結合の力を利用しているんですね。

 

なので寝癖をなおすのに本当に必要なのは2つのアクションだけです。それは、【1度完全に濡らす】ことと、【完全に乾かす】ということ。

 

そのために必要なのは、水道水だけなんです。

 

 

正しい寝癖直しの方法とは

 

まず完全に濡らす

髪濡らす

 

寝癖は根本から起こっていることが多いため、毛先だけを軽く濡らして乾かしてみたところで、根本のうねりの原因を直せていなければまたすぐにうねりはじめてしまいます。

 

なので根本からしっかりと濡らすことが何よりも大切です!

 

シャワーで濡らしてしまえばあっという間ですが、乾かすのが大変な場合にはうねりが気になる箇所だけスプレイヤー(霧吹き)に水をいれて髪を濡らすと、均等に濡らせて楽なのでいいですよ。

 

根本を中心にしっかり乾かす

ドライヤー

 

髪を濡らしたら、癖を伸ばしてなくすようなイメージで根本を中心に乾かします。

 

左右に髪をまんべんなくふることで根本のくせがなくなります。

 

ブローやスタイリング

アイロン

 

その後は、髪型によってスタイリング方法が変わります。

 

髪が短い男性であれば、そのまま髪にワックスをつけてセットしましょう。

 

女性であればその後にブローをしたり、ヘアアイロンを使って髪を巻いたりします。

 

 

前日にきちんとドライヤーで乾かすことも大切

寝る前のドライヤー

 

前日にお風呂に入って髪を洗う場合は、しっかりとドライヤーで乾かすと翌日に寝癖がつくのをかなりの確率で阻止できます。

 

面倒で適当にやってしまいがちではありますが、そこできちんとドライできると翌朝とっても楽になりますよ。

 

髪がひんやりしなくなるまで根元から毛先にかけて乾かすよう心がけてみましょう。特に、前髪や首元の部分は寝ている時に癖がつきやすいので念入りに乾かします。

 

トップやつむじ付近は、分け目をなくすイメージで左右に乾かすと、翌朝もぺたんこになりすぎず朝のスタイリングも楽になるでしょう。

 

 

寝癖直しは水道水でOK!

水道水

 

一般的に、市販の寝癖直しウォーターのようなものには、水だけでやるよりも髪がまっすぐになるような成分が含まれているのが特徴です。

 

それ以外でもドライヤーの熱から髪を守る成分が含まれていることもあります。

 

自分ではうまくブローできない、ドライヤーをうまく扱えない人向けに作られた商品なのでしょうが、美容師からすれば、そういうものを使っても結局しっかり濡らして乾かすという作業ができていなければうまく寝癖が直せないのは同じだろうなと感じてしまいます。

 

必ずしも使わないほうが良いというわけではありませんが、寝癖直しウォーターのようなアイテムはなくても全く問題ありません。

 

それを使うことでベタつきを感じたり、匂いが混ざって他の整髪料が使いにくくなるのであれば水道水で寝癖をなおすのがおすすめですよ!

 

注目記事

 

髪の毛の乾燥がひどい時の5つの対策

 

髪の静電気が解消するオイルとは

 

ぺたんこ髪を直す簡単な方法

 

髪の毛をサラサラにする噂のスプレーとは